▲TOP

みん経トピックス

前の新聞へ
次の新聞へ

ヘッドラインニュース

池袋にキャラクター型飲食施設「キャラクロ」-初回は「タイバニ」とコラボ

写真を拡大池袋にキャラクター型飲食施設「キャラクロ」-初回は「タイバニ」とコラボ

 ナムコ(大田区)は10月31日、東池袋にお酒や食事を楽しみながら人気アニメやゲームの世界観を体験できるキャラクターテーマ型飲食施設「カフェ&バー CHARACRO(キャラクロ)」をオープンした。 店内の様子 全文を読む  「現実世界と作品世界がクロスオーバー」をコンセプトに、テーマ作品と連動したストーリー設定のもと、映像などによる世界観の演出、飲食メニュー・物販グッズの販売などを行う。テーマ作品の第1弾は、来年2月8日に映画版公開を予定する「TIGER & BUNNY(タイガー&バニー)」。

 店舗面積は約134平方メートル、席数は56席。店内は作中に登場する「HEROE'S BAR」のイメージを演出し、来店客は作中登場テレビ局「OBC」の新人ADとなりタイバニの世界観を楽しむことができるという。

 店内に設けられた183インチの巨大スクリーンや店内各所のモニターでは、同作関連映像や、「HERO TV」による特別編集番組を常時上映。選ばれた来店客がルーレットを回し上映映像を決めるイベントも行い、登場キャラクターの特別編集映像上映なども行う。

 11月中旬以降には、「L字投射3Dシステム」と「モーションセンサー」を使った体験コンテンツを開始予定。専用3Dグラスを付けると目の前に同作登場キャラクターの鏑木・T・虎徹が登場し、一緒に戦えるという内容で、特別メニュー「永久不滅 HERO(ケーキセット)」(1,500円)を注文すると遊ぶことができる。

 フードとドリンクは作品の世界をテーマに、登場人物をモチーフとしたキャラクターメニューや、一般的なカフェ&バーメニューを提供。フードメニューは、虎の遊具にまたがる虎徹を再現した「虎の遊具 オムライスプレート」(1,300円)、虎徹の顔を再現した「TIGERチャーハン」(900円)、「ドラゴンキッドの稲妻炒麺(チャーメン)」(1,200円)など。

 ドリンクメニューはキャラクターカラーを出したカクテルなどがメーンで、ワイルドタイガーをイメージした「正義の壊し屋」、バーナビー・ブルックスJr.がモチーフの「スーパールーキー」(以上650円)など。ノンアルコールも選べるほか、キャラクターカクテルにはそれぞれのキャラクターのコースターが付属する。

 オープンからしばらくは完全予約制の100分入れ替え制で営業。11月10日までの予約は既に埋まっており、初日の予約抽選倍率は約20倍だったという。予約客のほとんどを女性が占めているのが現状で、同社が今後展開予定のキャラクターテーマ型飲食施設では、男性客向けの展開も検討中だという。
 
 営業時間は、カフェタイム=11時~16時40分(日曜・祝日は10時~15時40分)、バータイム=17時~23時(同16時~22時)。詳しい予約方法などはホームページで確認できる。

最新ニュース

さらに読み込む

アクセスランキング

さらに読み込む

フォトフラッシュ

さらに読み込む

友だち追加