暮らす・働く 学ぶ・知る

東池袋にコワーキングスペース-Webデザイナー母娘が二人三脚で運営

代表の山内さん

代表の山内さん

  •  

 東池袋に10月17日、コワーキングスペース「Open Office FOREST」がオープンした。運営はワイエムシーネット。店舗面積は29坪、席数は30席。

コワーキングゾーン奥のイベント・セミナーゾーン

 「コワーキングスペースはこれからの理想的な働き方のモデルになるのでは」と話すのは代表の山内さん。約20年勤めた会社を退社した後、起業。自宅でWebデザイナーの活動を始める。同店のオープンは、そのときの経験が基になっているという。

[広告]

 「ずっと一人で、自宅にこもりきりで作業する毎日。もっと解放された空間で、多くの人と関わりながら楽しく仕事がしたい。それならば、いっそ自分で作ってしまおうと思った」と当時の思いを語る山内さん。女性でも気軽に活用できるよう、内装はオレンジのスポット式の照明に、木材を多く取り入れるなど、開放的で温かみのある空間になるよう意識した。

 娘の三紀子さんと母娘二人三脚で運営する。三紀子さんはWebデザイナーの講師なども務めていることから、今後は2人の経験を生かし、独自のWeb講座なども開講する予定。

 「休日にはイベントやパーティーなどにも活用してもらえるので、ぜひ多くの人に活用してもらいたい。多くの人が交流し、新しいことが生まれる刺激的な空間になれば」と山内さん。

 営業時間は9時~22時(土曜は10時~18時)。日曜、祝日定休。ブース式の固定席が利用できるプレミアム会員、フリーアドレス席が利用できるレギュラー会員、法人登記できるクラウドオフィス会員、一時利用者のためのドロップ会員を用意する。利用時間は1時間450円、1日1,800円ほか。