食べる

東池袋のラーメン店、調味料「怪味」使った混ぜそばを販売

3月限定メニュー「カラシビ怪味混ぜそば」(750円)

3月限定メニュー「カラシビ怪味混ぜそば」(750円)

  • 0

  •  

 東池袋のラーメン店「カラシビ味噌(みそ)らー麺 鬼金棒(きかんぼう)」池袋店で3月1日~31
日まで、1日限定20食で「カラシビ怪味混ぜそば」(750円)を販売している。

2月限定メニュー「カラシビトマトチーズ混ぜそば」

 中国・四川省発祥の調味料「怪味」は辛味、甘み、酸味、塩味や「しびれ」など、さまざまな味が絡み合った「複雑」な味が特長。昨年末ごろから各メディアに登場し、ネット上では「2015年注目の万能調味料」として話題を集めている。

[広告]

 店長の藤田さんは「グルメサイト『GourmetBiz(グルメビズ)』を運営する明石さんに、話題となるような調味料を探していると相談を持ち掛けたところ、紹介されたのが怪味だった」と話す。

「もともとラーメン向きの調味料ではなかった。加えて、いくつかの味がバランスよく混ざり合った調味料であったため、その中で当店の売りである『辛さ』と『しびれ』を突き出させつつも、怪味の独特な味を生かすことに苦労した」とも。

 同店では怪味をラーメンに合うよう独自にアレンジ。さらにハチミツに漬けた紀州産南高梅を使った梅ソースを添えることで、味の変化を楽しみながら味わえるという。トッピングにはタケノコや新タマネギなどを使い、見た目の彩りは「春」をイメージする。

 藤田さんは「今注目の調味料などを使うことで、情報に敏感な女性にも足を運んでもらえるよう意識した。いかに一人で来やすいラーメン屋を作るかが目標。男女問わず、たくさんの人に味わってもらいたい」と呼び掛ける。

 営業時間は11時~22時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース