食べる

西武池袋で北海道物産展-過去最大のイートイン展開、ウニ丼やラーメンも

「むらかみの生うに丼(うに むらかみ)」(3,564円)

「むらかみの生うに丼(うに むらかみ)」(3,564円)

  •  
  •  

 西武池袋本店(豊島区南池袋1)7階催事場で4月2日から、「春の北海道うまいもの会」が行われる。

鶏の旨みを凝縮させた「鶏白湯塩ラーメン」

 春ならではの北海道グルメを集め、前半(4月2日~8日)、後半(4月9日~14日)を通して約85ブランドが出展する。今回のテーマは「できたて」で、過去最多のイートインメニューを用意。旬を迎える北海道のイチゴを使い、北海道のスイーツブランドと企画したオリジナルメニューも販売する。

[広告]

 イートインコーナーでは通期で「いそ田 北のにぎりセット(割烹いそ田)」(2,491円、各日限定50セット)を提供。前期のみのメニューは、「むらかみの生うに丼(うに むらかみ)」(3,564円)、「ホタテバターみそラーメン(五丈原)」(1,188円、各日限定100杯)、「箕輪ローストビーフサンド(レストラン箕輪)」(1,501円)で、後半は「鶏白湯塩ラーメン(菜々兵衛)」(850円)など。

 「できたてグルメとワインのバルエリア」では、ステーキ、スープ、グラタン、メガ盛りバーガーなど約20種のできたてメニューや、ご当地ワイン50種、ウイスキー人気に応えたメニューなどを用意。

 弁当のラインアップは、「春の毛がに弁当」(1,890円)、「ぼたん海老とあわび弁当」(2,592円、後期)、「ホタテ三昧弁当」(1,458円)、「ふらの和牛3部位もりあわせ弁当」(2,376円)、「道産牛ローストビーフ帆立弁当」(1,782円)など。

 イチゴのメニューは、「銀龍いちごフレンチトースト」(648円、各日限定100個)「ルタオ銀龍いちごパフェ」(864円、同400個)「十勝のいちごキューブシュー」(401円、同100個)「ルタオ銀龍いちごプリンタルト」(648円、同500個)など。

 「海鮮、スイーツ以外の隠れた北海道の魅力を発掘する」という新企画の「アンテナショップ」も展開。新旧お菓子や、酒類、お土産品、加工品など約200アイテムをそろえるという。

 開催時間は10時~21時(日曜・祝日は20時まで、最終日は16時30分閉場)。4月14日まで。

  • はてなブックマークに追加