食べる

池袋のそば居酒屋でキジ肉使った料理 「きじしゃぶ」など提供

提供をスタートした、「きじしゃぶ」と「 きじと夏野菜のグリル 」

提供をスタートした、「きじしゃぶ」と「 きじと夏野菜のグリル 」

  •  
  •  

 東池袋のそば居酒屋「吟醸料理・そば ふくろう」(豊島区東池袋3、TEL 03-5396-3434)は8月から、鶏肉・カモ肉・馬肉料理に加え愛媛県産のキジ肉を使った料理の提供をスタートした。

「吟醸料理・そば ふくろう」外観

 「吟選」した食材と「酒かす」「塩麹(こうじ)」「しょうゆ」「みそ」など日本の発酵調味料で作る「吟醸料理」と、生そばを提供する同店。料理に合う、日本酒や焼酎を数多く用意しているのも特長。

[広告]

 キジ肉は、愛媛県「鬼北熟成雉」を用意。「キジ肉は鶏肉と比較すると、高タンパク・低脂肪な上、カロリーが鶏肉の半分くらいと、健康を気遣う方にもおすすめ」と同店。「必須アミノ酸やエネルギー代謝に必要なミネラル(特にリン・カリウム)を多く含んでいる。臭みがなく柔らかく、どんな料理にも合う食材」だという。

 メニューは、「きじしゃぶ」(1人前=1,800円)、「きじと夏野菜のグリル」(1,500円)。キジ料理に合う店長おすすめの日本酒は「日高見純米吟醸愛山」。

 営業時間は17時~23時(土曜・祝日は16時~22時)。ランチは火曜・木曜の11時30分~15時。日曜定休。