3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

池袋で「日本酒フェア」 全国各地410点の日本酒利き酒会や試飲販売も

「全国日本酒フェア」の様子(過去開催時)

「全国日本酒フェア」の様子(過去開催時)

  •  
  •  

 池袋のサンシャインシティ(豊島区東池袋3)展示ホールで6月18日、「日本酒フェア2016」が開催される。主催は日本酒造組合中央会(港区)。

「公開きき酒会」の様子

 「平成27年酒造年度 全国新酒鑑評会公開きき酒会」と「第10回全国日本酒フェア」から成り、全国各地さまざまな種類の日本酒の試飲ができ、造り手と直接交流もできる同イベント。

[広告]

 「公開きき酒会」では、鑑評会で入賞した約410点の日本酒が試飲可能。入場時に受け取るおちょこを使って、地域別に配置した日本酒を試飲するスタイル。気に入った酒を探して飲む人のほか、全種制覇を目的に来場する人もいるという。「質問コーナー」や、酒造りの工程、麹や酒米の展示を行う「酒造りコーナー」も設置する。

 「全国日本酒フェア」では、全国45都道府県の酒造組合が日本酒を出品。各ブースでは全国から集まった蔵元と話をしながら試飲ができ、気に入った日本酒はその場で購入可能。軽食のイートインコーナーや、珍味、漬物、つくだ煮など日本酒に合うおつまみなどを試食・販売するコーナーも設置。「日本酒セミナー」では、酒造りのベテラン杜氏(とじ)と女性杜氏、外国人杜氏との対談や、日本酒の飲み方・楽しみ方などのセミナーを開催予定。

 開催時間は、「公開きき酒会」=第1部10時~13時・第2部15時30分~19時、「全国日本酒フェア」=第1部10時30分~14時・第2部15時30分~19時。前売り券=3,500円、当日券=4,000円、全国日本酒フェアのみの当日券は1,500円。前売り券の購入方法はホームページで確認できる。