3密を避けて新しい生活様式へ!

見る・遊ぶ

サンシャイン水族館に新クラゲエリア「海月空感」 14メートルの「クラゲパノラマ」など

「クラゲパノラマ」

「クラゲパノラマ」

  • 78

  •  

 サンシャイン水族館(豊島区東池袋3)は7月9日、クラゲをメインにした新エリア「海月空感(くらげくうかん)」をオープンする。

クラゲスクリーン

 大型リニューアル第3弾となる同エリア。ゆったりとした動きのミズクラゲが視界いっぱいに広がる、横幅約14メートルの「クラゲパノラマ」、長く伸びる触手のシーネットルの仲間を鑑賞できる「クラゲスクリーン」の2つの水槽を新たに設置する。

[広告]

 海月空感ではクラゲ本来の動きに加え、同エリアのために新たに制作したオリジナルサウンドを生かす音響設備やオリジナルアロマ、水中のゆらめきを表現したオリジナル照明なども設置し、訪れた人が癒やしを感じられる空間にする。

 これまでのクラゲ展示エリアもリニューアル。360度クラゲに囲まれる浮遊感を楽しめる「クラゲトンネル」や、「クラゲルーペ」「クラゲドロップ」「夢幻海月(むげんくらげ)」の計6つの水槽が非日常空間を演出するという。1階から2階に上がる階段部分では映像演出「プロジェクションマッピング 階段演出 クラゲver.」を施す。

 和菓子や、ぬいぐるみ、クラゲサイダーなど、飼育スタッフ監修の記念商品も販売。水族館内のタリーズコーヒーでは限定ドリンクを用意し、専門店街アルパレストランではオープン記念の限定メニューを提供する。

 同館では、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止のため、海月空感オープンから当面の間は入場制限を行う。ウェブで販売する日時指定のチケット、一部コンビニで販売する時間指定当日チケット、ウェブ上で配布する整理券、年間パスポートのいずれかをあらかじめ持つ客のみ入場できる。

 丸山克志館長は「新しく誕生する『海月空感』はその名の通り、これまで以上にクラゲの海に没入し、クラゲの緩やかな動き・色・ほかの生物に見られないような形を、見て感じていただける空間となる。神秘的とすら言えるその不思議な姿とゆったり漂う様子、繰り返される傘の拍動に、特別な癒やし、非日常感を味わっていただけるのではないか」とコメント。

 水族館プロデューサー・中村元さんは「私の最優先ミッションはクラゲの浮遊感だけで『天空のオアシスを宇宙まで広げる』ことだった。夜空に架かる天の川のように視界いっぱい広がるクラゲの漂いは、ご覧になる皆さまを圧倒的な浮遊感の世界へと誘う。命あるクラゲだけによる異次元の美しさは、映像にはない新鮮な感動と天空の癒やしを約束する」と話す。

 営業時間は9時30分~21時(9月11日からは10時~18時)。入場料金は大人(高校生以上)=2,200円(7月9日以降2,400円)、子ども(小・中学生)=1,200円、幼児(4歳以上)=700円。