東池袋の喫茶店の看板猫「ちょこ」がテレビ出演などで人気に-集客にも貢献

店の入口付近で客を待つちょこ

店の入口付近で客を待つちょこ

  • 0

  •  

 池袋東口の乙女ロードエリアにある喫茶店「スモーカーズカフェ さばとら」(豊島区東池袋3)の看板猫「ちょこ」がマスコミに取り上げられ、ファンを増やしている。

寝ているちょこ

 テレビ番組「めざましどようび」内の猫企画「どようびのにゃんこ」への出演や、猫雑誌「ねこころ」へ複数回登場。「登場以来、ちょこ目当ての客が増えた」と店主の高沖さん。「遠方から何かのついでに、ちょこに会いに来る人や、北海道からファンレターを送ってくれた人もいた」という。

[広告]

 ちょこは昨年7月中旬に店の向かいのビル外階段で野良猫の母親から6匹兄弟で生まれた。母親が育児放棄をしてしまい衰弱していたところを高沖さんが保護、そのまま看板猫として店で働くことになった。他の兄弟は2匹が死に、2匹が保護され、それ以外は不明。母親と、父親と思われる猫は捕獲し避妊処理を済ませたという。

 保護した時には212グラムで未熟児の大きさだったが、現在の体重は2.5キロ。店の入口付近に設置されたベッドを定位置に店で一日を過ごし、夜には高沖さんの自宅に帰る。

 人懐っこい性格から抱っこされるのも嫌がらず好奇心旺盛のちょこ。最近は自分でおもちゃを来店客のところに持って行き遊んでもらうことも多いという。「観察していると、おもちゃを持っていくのは遊んでほしいというよりは自分の好きなものを貸してあげているという感覚らしい。一緒に遊ぶか、貸してそのままどこかに行っちゃうかのどちらか」と高沖さん。

 営業時間は11時~20時。日曜・祝日定休(営業している場合もあり、ブログで確認できる)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース