食べる

西巣鴨・大正大にレストラン「鴨台食堂」-プリンスホテルが運営

店内には100席のフロアのほか、個室も設ける

店内には100席のフロアのほか、個室も設ける

  •  
  •  

 大正大学キャンパス5号館(豊島区西巣鴨3)に4月18日、「カフェ&ダイニング 鴨台食堂(おうだいじきどう) バイ プリンスホテルズ&リゾーツ」がオープンした。運営はプリンスホテル(豊島区東池袋3)。「鴨台」は同大周辺の高台を示す地名で、5月18日には大学内に仏堂「すがも鴨台観音堂」を開設。学生・教職員のほか、仏堂を訪れる人など学外からの利用も見込む。

網焼きステーキはオープン記念で5月2日まで800円で提供

 同大では2016年の創立90周年に向け整備計画を進めている。その一環として、社会貢献を目的に地域住民も利用できるレストランを設けたいと、プリンスホテルにレストラン運営を委託した。すがも鴨台観音堂は同大が教育ビジョンとして掲げる「4つの人」を象徴するものとして建立し、巻き貝のような外観や内部構造から「さざえ堂」という通称を持つ。

[広告]

 オープンに先立ち、学生4000人にアンケート調査を実施。「パスタ、パンケーキをメニューに取り入れてほしい」「少しぜいたくしてでもおいしい食事をしたい」という声から、パスタペスカトーレ(650円=ランチタイムの学生限定)、トロピックスパンケーキ(600円)などのメニューを用意する。5月2日まではオープン記念として網焼きステーキを800円(5月3日以降は1100円)で提供するほか、ディナータイムにはコース料理も用意。今後、南三陸産の食材を使った丼を予定するなど、メニュー拡充を図っていく。

 席数は120席で、個室やプロジェクター設備も用意。少人数から多人数までのパーティー、会議にも対応できる。

 「当大学は仏教にゆかりのある大学で、巣鴨かいわいも寺院が多い。しかし、法要後の会食などに利用できるレストランが周辺に少なく、既に30人規模の予約も頂いている。OB会や会議なども開けるので、学生・教職員だけでなく地域住民など外部の方にもぜひ、ご利用いただければ」とプリンスホテルの川路彰支配人。

 営業時間は11時30分~21時。5月17日まで19時以降の入店は10人以上の予約が必要で平日のみの営業。グランドオープンする同18日以降は、土曜・日曜・祝日の営業も始める。

  • はてなブックマークに追加