池袋に「ジャンプ」テーマパーク「J-WORLD TOKYO」-3D「かめはめ波」体験など

7月11日オープンした「J-WORLD TOKYO」

7月11日オープンした「J-WORLD TOKYO」

  • 0

  •  

 東池袋のサンシャインシティ(豊島区東池袋3)に7月11日、「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」の世界観で遊べる屋内型テーマパーク「J-WORLD TOKYO」がオープンした。運営主体はナムコ(大田区)。

3Dの世界観で悟空と一緒に「かめはめ波」が撃てる「はなとうぜ!かめはめ波!!」

 同日リニューアルオープンしたナンジャタウンと共に新たなる池袋の新名所を目指す同施設。「週刊少年ジャンプ」「ジャンプSQ.」の人気キャラクターを使ったアトラクションなどを展開。来場者が主役となって各作品の世界観を能動的に体験でき、作品のキャラクターたちと共感できるような新しいエンターテインメントを提供するという。

[広告]

 施設内は「ONE PIECE(ワンピース)」「NARUTO-ナルト-」「ドラゴンボール」の3大作品を扱ったエリアのほか、その他の人気作品・キャラクターのミニアトラクションや展示・フォトスポットが楽しめる「ヒーローズアリーナ」、各作品をモチーフにしたフードを提供する「フードエリア」などを展開。

 「ドラゴンボール エリア」では、3Dの世界観で悟空と一緒に「かめはめ波」が撃てる「はなとうぜ!かめはめ波!!」や、悟空たちと一緒にドラゴンボールを探す「つかもうぜ!ドラゴンボール!!」の2アトラクションを用意。「NARUTO エリア」では木ノ葉隠れの里の下忍となり忍界大戦に参加するウオークスルー型アトラクションが楽しめる。

 「ONE PIECEエリア」は、乗り物とスクリーンでワンピースの世界観を体験できる「ソルジャードックアドベンチャー」など2アトラクション。同作品の登場人物をモチーフにしたオリジナルメニューを提供する「カフェ マドモアゼル」もオープンした。

 「ヒーローズアリーナ」では、「HUNTER×HUNTER」「BLEACH」「新テニスの王子様」「トリコ」「銀魂」「こちら葛飾区亀有公園前派出所」「青の祓魔師」のエリアを設置。そのほか、クレーンキャッチャーなどを設置するアミューズメントアリーナやグッズストアには、同施設限定のアイテムが登場する。

 営業時間は10時~22時(最終入園は22時)。チケットは、大人(高校生以上)=1,300円、子ども=1,000円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース