食べる

行列のできる居酒屋「魚金」、西口に次ぎ東池袋に新店

左から平岡店長、マネジャーの大矢さん、スタッフ

左から平岡店長、マネジャーの大矢さん、スタッフ

  • 0

  •  

 東池袋エリアに10月9日、居酒屋「東池袋魚金」(豊島区南池袋1、TEL 03-6914-0362)がオープンした。店舗面積は約36坪。座席は64席。経営は、新橋を中心に居酒屋やバルを展開する魚金(港区)。池袋では西口の「魚金池袋店」に続く2店舗目となる。

掘りごたつの部屋では24人くらいまでの宴会が可能

 低価格とボリュームのある料理を売りに、ビジネスマンなどを中心に人気を集める同店。飲み屋街がにぎわい始める仕事終わりの時間帯には入店待ちの行列ができる様子が度々見受けられる。

[広告]

 マネジャーの大矢さんは「社長が毎日築地に通い、業者の方々と信頼関係を築くことで、現在の価格を実現できている」と話す。

 主なメニューは「お刺身六点盛スペシャル」(1,980円)、12種類の刺し身の盛り合わせ「玉手箱」(1,580円)をはじめ、「くじら竜田揚げ」(680円)、「自家製だし巻き玉子焼き」(580円)、「大根と貝柱のサラダ」(780円)、「銀ムツ(メロ)カマ煮付」(小=1,280円、大=1,870円)など。

 ドリンクは「サントリー・プレミアムモルツ」(550円)、「白州ハイボール」(590円)、「アイスティーサワー」(480円)、同店以外の店でも人気があるという日本酒「尾瀬の雪どけ」(5勺=330円、7勺=470円、1合=660円)など幅広い種類のアルコールをそろえる。

 「西口と東口の魚金で池袋をもっと盛り上げていければ」とチーフの平岡さん。

 営業時間は、平日=17時~23時30分、土曜=16時30分~23時30分、日曜・祝日=16時30分~23時。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース