暮らす・働く

池袋新土産「『池』袋」-池袋のヴィレッジヴァンガードで限定販売

「『池』袋」とスタッフの久米さん

「『池』袋」とスタッフの久米さん

  •  
  •  

 池袋の書店「ヴィレッジヴァンガード 池袋サンシャインシティアルタ」(豊島区東池袋3、TEL 03-5956-5861)が10月22日、池袋の店舗限定のオリジナルグッズ「『池』袋」の販売を始めた。同店でコラボレーショングッズ以外のオリジナルグッズの開発は今回が初の試み。

「ヴィレッジヴァンガード 池袋サンシャインシティアルタ」外観

 「実は1年前から進めていた企画」と話すのは店長の森脇さん。同店を運営するヴィレッジヴァンガードでは店舗限定グッズの開発を推奨しており、今回の企画は製造元であるスプリングボックスの担当者との相談の中で持ち上がったという。

[広告]

 当初は「池」の文字のほかに、「お」の文字をプリントした「『お』袋」などダジャレ袋シリーズとして企画していた。ところが、材料の供給やコスト面などの問題から企画を一時中断。企画の見直しを迫れた際、スプリングボックス担当者から声が掛かり、商品化に踏み切ったという。

 「シンプルな作りになっているので、落書きしたり、缶バッジなどを付けてアレンジしてもらえれば。池袋が好きな方に、ぜひ使ってほしい」と森脇さん。

 サイズは、縦=約23センチ、横=約20センチ。中央に丸囲みの「池」の文字が大きくプリントをされている。材質は布製、形状は巾着型。価格は380円。

 同グッズは「ヴィレッジヴァンガード池袋マルイ」(豊島区西池袋3、TEL03-5985-0225)でも扱っている。各店限定27枚。

  • はてなブックマークに追加