暮らす・働く

南池袋公園の芝生エリア開放 夏と冬向け2品種で一年中青々

開放された芝生エリア。晴れの日には芝生に座ったり寝転がったりしてくつろぐ利用者の姿も見られる

開放された芝生エリア。晴れの日には芝生に座ったり寝転がったりしてくつろぐ利用者の姿も見られる

  •  
  •  

 「豊島区立南池袋公園」(南池袋2)で7月9日、公園中央の芝生エリアが全面開放された。

公園内のレストラン「RACINES(ラシーヌ)」

 今年4月2日にリニューアルオープンした同施設。養生のために閉鎖していた芝生エリアは、季節に合わせて夏向きの品種と冬向きの品種を交互に育てるため、一年中いつでも緑が広がるという。

[広告]

 公園ではこれまでに、ヨガやマルシェ、ワークショップなどのイベントを実施。同施設のフェイスブックアカウント「Minami Ikebukuro PARK」では、「芝生をより楽しむためのポイント」や、芝生について紹介する「芝生教室」などのイベント情報が投稿されている。

 公園内で営業しているオープンスタイルのカフェレストラン「RACINES(ラシーヌ)」では、メニューをテークアウトでき、手軽なピクニックセットも販売している。

 公園の面積は約8万平方メートル。園内には区内駒込発祥のソメイヨシノや、山桜など約2500本の草木が植えられているのも特徴。エリアWi-Fi「TOSHIMA Free Wi-Fi」も完備する。

 開園時間は8時~22時。

  • はてなブックマークに追加