見る・遊ぶ

池袋にライブ劇場「harevutai」 ポニーキャニオンが運営

「Hareza(ハレザ)池袋」

「Hareza(ハレザ)池袋」

  •  

 池袋に2019年秋、ポニーキャニオン(港区)が運営を行うライブ劇場「harevutai(ハレブタイ)」(豊島区東池袋1)がオープンする。

 現在建設中の複合商業施設「Hareza(ハレザ)池袋」内に開業。「人生で最高の晴れ舞台の一幕を」をテーマに、未来を担う多くのアーティストを輩出していくライブ劇場を目指すという。

[広告]

 劇場名「harevutai」の「v」にはvisual(視覚)、voice(音声)、vr(仮想現実)、variety(多様性)、vivid(躍動的)、などの意味が込められている。

 劇場は最新のライブ劇場設備(音響・照明・映像)を用意するほか、CGライブなどが実施可能な透過スクリーンや、ユーチューブなどの配信サイト向けライブ配信設備を常設。

 会場面積は574.38平方メートルで、収容人数は500人(スタンディング時)。アニメイト(豊島区)ともイベント面などで協力していくという。

 11月にはオープニングフェスを開催予定。ポニーキャニオンのコンテンツや、アニメや声優アーティスト関連のイベント、ユーチューバー・Vチューバ―によるライブ、2.5次元俳優によるトークショー、アニメの上映会などを、こけら落とし公演として予定している。

 1月31日には、公式サイトで2020年1月までの利用予約受付を開始している。