天気予報

17

11

みん経トピックス

西巣鴨で舞台「青い鳥」池袋東口にカフェ&ダイナー

「サンシャイン水族館」新装オープン-「天空のオアシス」をコンセプトに

  • 0
「サンシャイン水族館」新装オープン-「天空のオアシス」をコンセプトに

サンシャインラグーン前(ベッキーさん=右、さかなクン=左)

写真を拡大 地図を拡大

 池袋サンシャインシティ(豊島区東池袋3)ワールドインポートマートビル屋上のサンシャイン水族館(TEL 03-3989-3466)が8月4日、グランドオープンした。サンシャイン国際水族館の休館から約1年の改装を経て、名前も内装も新たに営業を再開した。

 オープニングセレモニーではタレントのベッキーさんとさかなクンが登場。学生時代の実習でサンシャイン国際水族館で働いた事のあるさかなクンは思い出を織り交ぜながら海の生物について語った。沖縄県恩納村からサンゴを預かり、育て、沖縄の海に返すという旧水族館からの環境への取り組み「サンゴ再生プロジェクト」に関連して、沖縄県恩納村の志喜屋村長が来賓のあいさつをした。

 「天空のオアシス」がコンセプトの同館。南国のリゾート地をイメージした屋外エリアや海中オアシスをイメージした屋内エリアで、スタッフや海の生物が入場客を出迎えた。

 「新水族館建設にあたり、水族館のスタッフ皆でアイデアを出し合い、設備や展示内容を考えた」と館長の荒幡さん。日本初のドーナツ型水槽「サンシャインアクアリング」や、日本初のクラゲのトンネル水槽の展示「クラゲトンネル」、豊富な水量で多様な海の生き物が生活する同館で一番大きな水槽「サンシャインラグーン」などが一般に披露された。

 グランドオープンを記念したイベント「超水族館ナイトinサンシャイン水族館~中村元のサンシャイン水族館ナイト~」が8月8日~10日、マリンガーデン内パフォーマンスステージで行われる。同イベントはお台場「東京カルチャーカルチャー」の人気トークライブの特別版で、同館展示プロデューサーの中村元さんが新水族館開発の秘密や苦労話などを話す。水族館入場料のみで参加できる。

 営業時間は、夏季(4月1日~10月31日)=10時~20時、冬季(11月1日~3月31日)=10時~18時。入場料は、大人=1,800円、子ども(小・中学生)=900円、幼児=600円、シニア(65歳以上)=1,500円。これまで販売していなかった水族館単体での年間パスポートも新たに販売する。価格は、大人=4,000円、子ども=2,000円、幼児=1,500円、シニア=3,000円。

グローバルフォトニュース