食べる

池袋にベイクドチーズパンケーキ店「ラ・ポワル」-食べ歩きスタイル提案

店頭に立つ松井店長

店頭に立つ松井店長

  •  
  •  

 池袋東口の楽園タウン池袋B館1階(豊島区南池袋1)に12月1日、ベイクドチーズパンケーキを販売する「ラ・ポワル」(TEL 03-5396-1157)がオープンした。Belett(本社=大阪市北区)が運営する新業態。

 「ウオーキングテークアウト」という気軽に食べ歩きできるスタイルを提案する同店。チーズのパンケーキとベイクドチーズケーキを販売する。「チーズにこだわった」という生地にさまざまなソースがかけられるのが特徴。商品はその場で食べられるように厚紙の容器に入れて渡す。

[広告]

 シュークリーム専門店「ビアード・パパ」創業者の廣田雄二さんが5年ぶりにプロデュースする同店。「パンケーキがはやっているので気になっていた。どこのパンケーキの店も値段が高く敷居も高かったので、気軽に安い値段で食べられる店を作ろうと思った」と廣田さん。「当店をモデルに、今後いろいろなバリエーションの店を展開していきたい」とも。

 店舗はターゲットとなる若い女性に合わせて「かわいい造り」にしたという。「できたて感」を演出できるよう、作る工程が全て見られるようにした。店のイメージカラーは「パンケケーキが栄える色」というオレンジで統一。店名はフランス語で「フライパン」を意味する。

 直径10センチの3段重ねのパンケーキの生地にはベイクドチーズが練り込まれている。ソースは「メープルクレームブラン」、4種類のベリーを使用した「ベリーベリー」「オレンジシュゼット」「ポムデキャラメル」。「一番のおすすめ」という「マカダミアンナッツ」(各460円)を用意する。

 ベイクドチーズケーキはホールサイズ(1,280円)を販売し、「オレンジ」「ベリーベリー」「キャラメル」「レモンカスタード」のソース(各380円)をトッピングすることができる。ホールサイズの4分の1のサイズは「プレーン」(380円)と各種トッピングソース(各80円)を用意。

 「豆乳スフレパンケーキ」もホールサイズで販売。「ふわふわ」の生地が特徴でチーズと黒豆が入る。30分ごとに数量限定で、できたてを出すという。

 今後の展開について、「季節のソースなど開発していきたい。クリスマスやバレンタインには特別メニューを考える」と松井店長。

 営業時間は11時~21時。

  • はてなブックマークに追加