食べる

西武池袋が「父の日弁当」-「体育会系」など3つのライフスタイル想定

「体育会系のお父さん」に向けた「肉食系へ捧ぐスタミナ弁当」

「体育会系のお父さん」に向けた「肉食系へ捧ぐスタミナ弁当」

  •  

 西武池袋本店(豊島区南池袋1)は6月14日から3日間、「ライフスタイルに合わせて贈る 父の日いいパパ弁当」を販売する。食品フロアにある15のブランドが「お父さんの嗜好(しこう)やライフスタイル3パターン」を想定してオリジナル弁当やオードブルを企画、同店の7人の管理栄養士が献立を決めた。

「健康志向のお父さん」へ向けた「15種類の野菜がとれる弁当」

 「体育会系のお父さん」に向けた「デリショップ」の「肉食系へ捧(ささ)ぐスタミナ弁当」は、良質なたんぱく質や鉄分の含まれている牛肉がメーン。サーロインステーキ、ヒレステーキ、ロースステーキ、ビーフハンバーグなどさまざまな部位の食べ比べを楽しめる。

[広告]

 「健康志向のお父さん」へ向けた「りょくけん」の「15種類の野菜がとれる弁当」は、よくかむことで満腹感の得られる古代米、玄米を使用。野菜のハンバーグや温野菜のサラダなど、ストレスで減少しがちなビタミンCを効果的に摂取する野菜の組み合わせを提案する。

 「お酒好きのお父さん」へ向けた「ゑびすDaikoku」の「お酒と楽しむゑびす御膳」はお酒のカロリーを考慮し、低カロリーのおかずをチョイス。消化吸収を助け、胸やけなどの不快感を解消するカブをメーンに、日本酒や焼酎に合うメニューに仕上げた。

 価格は「いいパパ」にちなんで1,188円に統一。特設会場、各店舗で販売される。

 「最近は父の日も家族の祝日的に祝われているよう。そんな席で召し上がっていただきながら、うんちくも楽しめる弁当を作った」と同店広報担当者。

 開催時間は10時~21時(日曜・祝日は20時まで)。予約は今月12日まで、各店舗で受け付ける。