買う

池袋ジュンク堂で「カメムシ展」-実物標本、匂い体験コーナーも

今回の展示のために特別に作ったカメムシのキャラクター

今回の展示のために特別に作ったカメムシのキャラクター

  • 0

  •  

 ジュンク堂書店池袋本店(豊島区南池袋2、TEL 03-5956-6111)7階で現在、「カメムシ展~あれもカメムシ?これもカメムシ!~」が開催されている。

「ナベブタムシ」と「マルミズムシ」の写真と標本

 「日本原色カメムシ図鑑 第3巻」(全国農村教育協会)の出版を記念して、分類学者・石川忠さん監修の下、同店と同協会、日本半翅(はんし)類学会が開く。陸生から水生まで色や形のさまざまなカメムシ42種を拡大写真で紹介。写真の隅には石川さん秘蔵の標本、数ミリから1センチほどのカメムシが飾られ、ルーペで拡大して見ることができる。

[広告]

 カメムシの一生、進化、体のつくり、匂いの仕組みなども紹介する。「カメムシのにおい体験コーナー」では「ハリカメムシ」など4種のカメムシの匂いに「そっくり」な素材を用意。カメムシはわずかな匂いを出して同じ種同士が集まったり、強い匂いを出して危険を知らせたりするという。「カメムシは嫌われ者だけれど、(本当は)そうではない。とてもいい匂いなので、ぜひ一度匂いをかいでほしい」と同店担当者。

 カメムシの関連書が並ぶ「カメムシブックフェア」も同時開催。ドイツ、スウェーデン、東アジアなどのカメムシを紹介する本や、昆虫食の研究をしている内山昭一さん提供の「カメムシウォッカ」も展示する。立教大学文学部教授、野中健一さんは世界のカメムシ料理法などを写真で紹介。カメムシは味も匂いもさまざまで、風邪薬やローションとしても利用されているという。

 「最近ネットで人気の『クマムシさん』に対抗して、カメムシが愛されるようなキャラクターも作った。(今回の展示で)カメムシ観が変わり、カメムシをかわいがってもらえたら」と担当者。

 営業時間は10時~23時(日曜・祝日は22時まで)。「カメムシ展」は今月30日、「カメムシブックフェア」は7月10日まで(いずれも最終日は16時まで)。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース