東武池袋で「海洋堂」大規模展-30周年で、フィギュア約2500点展示

さまざまなフィギュアを展示している会場の様子

さまざまなフィギュアを展示している会場の様子

  •  
  •  

 東武百貨店池袋店(豊島区西池袋1、TEL 03-3981-2211)で現在、企画展「フィギュア誕生30周年 海洋堂フィギュアワールド」が開催されている。

約2,500点のフィギュアを展示

 フィギュアメーカーの海洋堂(大阪府門真市)の30周年を記念し、歴史を振り返りながら多彩なジャンルのフィギュアを一堂に展示する同イベント。8つのゾーンに分けて約2500点のフィギュアを紹介するほか、物販ゾーンでは同社製品国内最大級の数で取りそろえる「海洋堂フィギュアミュージアム黒壁 龍遊館」が出店し人気商品や先行発売品、会場限定商品などを販売している。

[広告]

 前半のゾーンは、同社社長の宮脇さん(愛称センム)の、プラモデルに囲まれた執務室を再現するゾーン、同社がガレージキットメーカーとしてスタートした1980年代の一品モノのフィギュアを展示するゾーン、チョコエッグシリーズの食玩や、海洋生物、恐竜、戦車、妖怪、タイムスリップグリコなど約1200点ものおまけフィギュアが並ぶゾーンを展開。

 中盤は、アニメの名場面などをミニジオラマに凝縮したヴィネットフィギュアを展示するゾーン、海洋堂を代表する5人の造形師を作品と映像で紹介するゾーン、旭山動物園やサンシャイン水族館、大英博物館、東京国立博物館などで販売する施設限定販売カプセルフィギュアを一堂に展示するゾーン。

 後半のゾーンは、アクションフィギュア「リボルテック」シリーズのキャラクターの世界観を表現したジオラマを展示し、親子でオリジナルのミニジオラマを制作&写真撮影できるコーナーも展開するゾーン、海洋堂が展開中のカプセルベンダートイ「カプセルQ」シリーズを展示し、カプセルマシンで購入することもできるゾーンを展開。

 開催時間は10時~20時(最終日は18時閉場)。8月6日まで。

  • はてなブックマークに追加