食べる 見る・遊ぶ

池袋で全国ご当地もの集めた「旅フェア日本」-ご当地丼16種も

「全国ご当地どんぶり選手権」予選会に登場する全国ご当地丼

「全国ご当地どんぶり選手権」予選会に登場する全国ご当地丼

  • 0

  •  

 サンシャインシティ(豊島区東池袋3)展示ホールで11月8日~10日、全国の「ご当地ネタ」を集めた「旅フェア日本2013」が行われる。主催は日本観光振興協会(中央区)。

「旅フェア日本」の様子(過去開催時)

 旅の楽しさを見て・知って・体験してもらうことを目的に開催する同イベント。全国の「ご当地グルメ」「ご当地キャラ」「ご当地職人」などを集めるほか、毎年東京ドームで開催されている「ふるさと祭り東京」の目玉企画「全国ご当地どんぶり選手権」の予選会も開く。

[広告]

 会場のテーマエリアは、「着地型旅行」「東北・北陸」「伝統 工芸」「スポーツ・アウトドア」「スキー・スノーボード」「日本のくつろぎ」「お腹まんぷく」の7つ。ご当地キャラクター74体のほか、ご当地アイドルや武将隊なども登場する。

 「全国ご当地どんぶり選手権」の予選会では、16の丼を1杯500円(ハーフサイズ)で提供。メニューは、「仙台名物 厚切り牛たんのとんとろ丼」「十勝 牛とろ丼」「湘南しらすの小田原三色丼」「名古屋コーチン親子丼」「近江三大肉ステーキ丼」「アルプスサーモン丼」「中津からあげ丼」「ソースかつ丼」「深川丼」「関あゆ丼」「土佐かつお丼」など。

 「スキー・スノーボード」エリアでは子ども向けスキー・スノーボード教室を開催し、「日本のくつろぎ」エリアでは有名温泉 3カ所の「手湯」を設置。ご当地伝統工芸が体験できるブースでは、北海道の押し花アートや、福井県の若狭和紙の織り染め、浜松市の楽器制作、東北の赤ベこ絵付け、兵庫県豊岡市の名産「豊岡かばん」のミニチュアバッグ作り、長野県小谷村の「はた織り体験」、富山県の高岡漆器青貝塗り体験、滋賀県の蒔絵(まきえ)体験、小樽のオルゴール制作などの体験ができるほか、職人が匠の技も披露する。

 「お腹まんぷく」エリアでは、「米沢牛弁当」や「奥飛騨の高原で育ったトウモロコシを使ったコーンスープやブリュレ」「山形牛牛串」「米沢牛のコロッケ」などを販売。全国から集まったよりすぐりスイーツが楽しめる新企画では、北海道のウズラの卵を使った「室蘭うずらプリン」、京都成寿庵の「いちご大福」、宮崎産のグァバやマンゴーで作った「究極のフルーツドリンク」、全国各地の「ご当地ソフトクリーム」などが登場する。

 開催時間は、8日=12時~19時、9日=10時~18時、10日=10時~17時。入場料は、大人(前売り=400円、当日=500円)、子ども(小学生)=300円。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース