池袋で「第7回としまものづくりメッセ 」-記念の貨幣や切手販売も

ビジネスマンから子どもまで、幅広い層が来場するという「としまものづくりメッセ 」

ビジネスマンから子どもまで、幅広い層が来場するという「としまものづくりメッセ 」

  • 0

  •  

 池袋サンシャインシティ(豊島区東池袋3)展示ホールBで現在、「としまものづくりメッセ」が行われている。

 「池袋副都心の産業見本市」をテーマに行う同イベント。区内企業を中心に優れた製品や高い技術、ものづくりに懸ける情熱を区内外に発信するとともに、販路拡大に関するセミナーや相談会、企業間交流などの取り組みを行う。

[広告]

 7回目となる今回は、105社・団体が115のブース出展を行う。ビジネス目的の来場者をターゲットとした講演会・セミナー・相談会を行うとともに、子どもも楽しめるよう、科学教室、経済教室、環境教室などの講座も開く。

 毎年好評だという、造幣局による同イベント記念「貨幣セット」(1,800円)や、豊島区のシンボルである「桜」と「ふくろう」をモチーフにした「記念フレーム切手」(1,200円)も販売している。

 開催時間は10時~17時(最終日は16時まで)。入場無料。3月8日まで。

エリア一覧
北海道・東北
関東
東京23区
東京・多摩
中部
近畿
中国・四国
九州
海外
セレクト
動画ニュース