天気予報

14

4

みん経トピックス

池袋でアニメパフォーマンス目白にフランス料理店

池袋ジュンク堂で「昆虫食ブックフェア」-パネル展やトークイベントも

池袋ジュンク堂で「昆虫食ブックフェア」-パネル展やトークイベントも

昆虫寿司サンプル(製作=リンクファクトリー)

写真を拡大 地図を拡大

 ジュンク堂書店池袋本店(豊島区南池袋2、TEL 03-5956-6111)7階で現在、「昆虫食ブックフェア」が開催されている。

「昆虫食ブックフェアの様子」

 「食べられる虫ハンドブック」(自由国民社)と「むしくいノート」(カンゼン)の刊行を記念して開いている同イベント。両書の著者である昆虫料理研究家・内山昭一さん、虫食いライター・ムシモアゼルギリコさんの監修の下、昆虫本を「食材」と「料理」という2つの視点で捉え、昆虫食文化、昆虫の調理法、食材となる昆虫の生態など昆虫食に関するさまざまな書籍を集めた。昆虫食ストラップやポストカードなどのグッズのほか、ムシメセンによる昆虫柄の革財布や布バックも販売する。

 フェア台中央では「昆虫寿司」のサンプルの展示、ブックフェア横では昆虫細密画イラストレーター・横山拓彦さんによるイラストも展示している。

 併せて内山さん監修の下、「昆虫を美味しく食べる時代がやってくる!」と題したパネル展も展開。同2冊の昆虫食本をパネルにより紹介しているほか、内山さんが所属する食用昆虫科学研究会による、昆虫食の現状や今後の展望などについても紹介。

 1月28日には内山さんとムシモアゼルさんによるトークイベントも開き、昆虫を安全に食べる方法や調理法、昆虫食の魅力などについて語り合う。

 「昆虫食は国際的にも注目され、この先が楽しみな分野。これからも昆虫食に関するフェアを定期的に開き、昆虫食へお客さまを誘うとともに、書店でしか体験できないような面白さをお届けできれば」と担当者。

 トークイベントの開催時間は19時30分~。入場料は1,000円(1ドリンク付き)。イベント申し込みは1階サービスカウンターと電話で受け付けている。営業時間は10時~23時(日曜・祝日は22時まで)。パネル展示は今月31日まで、「昆虫食ブックフェア」は2月10日まで(いずれも最終日は16時まで)。

グローバルフォトニュース