食べる

池袋にジビエ料理店「ビストロ アクア」 直送エゾ鹿肉メニュー中心に

店主の朝妻さん「おすすめメニュー」の「鹿のロースト」

店主の朝妻さん「おすすめメニュー」の「鹿のロースト」

  •  

 西池袋にジビエレストラン「Bistro&Cafe AQUA」(豊島区西池袋3、TEL 03-6912-7899)がオープンして2カ月が過ぎた。

エゾ鹿肉で作るハンバーグも

 北海道函館直送のエゾ鹿肉をさまざまな調理法で提供する同店。比較的暖かい気候の道南の鹿を使っており、「農作物を食べて育っているため、肉質が良く栄養豊富、捕獲方法にもこだわっており、全く臭みのない鹿肉を仕入れている」と店主の朝妻さん。

[広告]

 店を立ち上げた経緯については、「まだまだなじみが薄いが栄養豊富でおいしい鹿肉をもっと知って欲しい、食を通じて池袋と北海道を活性化させたいという思いからこのビストロを立ち上げた」と話す。

 店のコンセプトは「南欧のビーチハウス」。デザイナーの「JURA FURNITURE」が内装を担当し、白い壁とターコイズの床に、テーブルはぬくもりのあるムクノキで統一。カウンターには全面サンゴの砂を敷き詰め、ビーチの様に仕上げた。女性が入りやすい空間を演出したという。

 ジビエのメニューは、「鹿ミートボール」(480円)、「鹿カツ」(780円)、「鹿ソーセージ」(850円)、「鹿のロースト」(1,400円)、「鹿のコンフィ」「鹿ハンバーグ」(以上1,200円)など。

 「瞬間スモークサーモンのセビーチェ」(680円)、「エビとキノコのアヒージョ」(980円)、「チーズフォンデュ」(1,300円)、「紅茶鴨のロースト」(780円)なども提供。

 ランチタイムのメニューは、「鹿ハンバーグライス」(1,280円)、「チーズリゾット」(1,180円)や、鹿のローストか牛のローストが選べる丼メニュー「今だけ限定!選べるロースト丼」(1,480円)などで、サラダやデザートも用意する。

 アルコールは、エゾ鹿肉の料理など全てのメニューに合うワインを常時15種類以上用意。ハワイアンビールやシェーカーを使ったカクテルなども提供している。

 「ランチ、ディナー共に鹿肉を食べられる池袋で唯一のカジュアルビストロ。まだジビエを知らない方も、興味はあるけれど食べたことがない方も、好きだけれどなかなか食べられる機会がない方も、気軽にジビエを楽しんでいただければ」と朝妻さん。

 営業時間は、ランチ=11時~16時、ディナー=18時~23時、バータイム(金曜・土曜のみ)=23時~ラスト。