食べる

池袋のカフェで「生クリームを使わないカルボナーラ」 3種の味を用意

「オリジナルカルボナーラ」

「オリジナルカルボナーラ」

  •  
  •  

 池袋駅から明治通りを南に進んだ先の「奥池袋エリア」の「ROCKET CAFE」(豊島区目白2)が6月、新メニュー「生クリームを使わないカルボナーラ」をオリジナル・ハーブ・ガーリックの3種で提供を始めた。

ハーブカルボナーラ

 「体の健康と心の健康の調和」をコンセプトに、自然派ワインや南欧ハーブ料理、砂糖なしスイーツなどを提供している同店。

[広告]

 新メニューのカルボナーラは、本場イタリアにならい生クリームを使わないことで、素材のうま味が際立ち、体にも優しい味になっているという。べーコンは食品添加物ゼロの徳島県のブランド豚「阿波美豚(あわびとん)」を使う。

 麺は、「デュラム小麦」のセモリナ(粗びき粉)を中心部だけ使い、イタリア直輸入のパスタマシンで作る生パスタとなっている。

 メニューは「オリジナルカルボナーラ」(910円)、「ハーブカルボナーラ」「ガーリックカルボナーラ」(以上1,100円)などで、土曜・日曜・祝日は50円、ディナーは370円増し。

 営業時間は、ランチ=12時~15時、ディナー=18時~23時。月曜定休。

  • はてなブックマークに追加