池袋パルコでロボット実証実験 走行し客案内、棚卸業務も

「Siriusbot(シリウスボット)」

「Siriusbot(シリウスボット)」

  •  
  •  

 池袋パルコ(豊島区南池袋1)本館5階に現在、商業施設・小売店などでの業務に特化した新規開発ロボット「Siriusbot(シリウスボット)」が登場している。

「Siriusbot(シリウスボット)」

 「案内モード」「走行モード」「棚卸しモード」の機能を備えた同ロボットを設置し、実証実験として実際に来店客を館内で案内、テナント従業員向けに棚卸の業務補助のサービスを提供する。

[広告]

 来店客の案内は15時~19時に実施。日本語・英語に対応し、来店客の問い合わせをヒアリング、ショップや施設情報を音声と画面を使って提供し、目的のショップまで一緒に走行して案内する。

 テナント従業員向けの棚卸業務補助サービスは閉店後に行う。同ロボットが店内を巡回し電子タグを読み取ることで、店内商品の在庫数を集計・棚卸を実行し、売り場スタッフの業務をサポートする。

 同ロボットはパルコ(渋谷区)と、08ワークス(品川区)、日本ユニシス(江東区)が共同で開発。地方独立行政法人東京都立産業技術研究センターによる「平成28年度公募型共同研究開発事業」に採択されており、都産技研との共同事業として開発を行っている。

 営業時間は10時~21時。10月25日まで。

  • はてなブックマークに追加