見る・遊ぶ

西武鉄道がダイヤ改正 「S-TRAIN」平日の夕夜間に増発

西武鉄道通勤車両「40000系」を使った「S-TRAIN」

西武鉄道通勤車両「40000系」を使った「S-TRAIN」

  •  

 西武鉄道が1月25日、ダイヤ改正を3月10日に行い西武池袋線「S-TRAIN」などを増発すると発表した。

「S-TRAIN」車内

 客の着席ニーズに応えるため全席座席指定で2017年3月から運行している「S-TRAIN」は、ロングシート・クロスシート転換機能や、フリーWi-Fi、2席につき1つ「電源コンセント」を設置しているのが特長。

[広告]

 土曜・日曜・祝日には、西武秩父線・池袋線・西武有楽町線~東京メトロ副都心線~東急東横線~横浜高速みなとみらい線の「西武秩父~元町・中華街」間を、平日に西武鉄道池袋線~東京メトロ有楽町線の「所沢~豊洲」間を走る。

 現在は、「西武秩父~元町・中華街」間が下り(元町・中華街発)が3本、上り(元町・中華街行き)が2本、「所沢~豊洲」間が下り(所沢行き)が3本、上り(豊洲行き)が4本運行する。

 ダイヤ改正により、平日の夕夜間に「S-TRAIN」を豊洲~所沢間で上下各2本増発する。18時~22時台に、1時間間隔で運行するようにし、都心エリアからの帰宅の快適性向上を図る。

 ダイヤ改正ではそのほか、池袋線で土曜・日曜・祝日の日中に池袋~飯能駅間に特急「むさし」を6本増発。池袋線平日の夜間、西武有楽町線を4本増発なども行う。