食べる

池袋のたい焼き店が「大粒納豆たい焼き」販売へ 北海道の納豆メーカーとコラボ

「セガのたい焼き『大粒納豆』
©SEGA ENTERTAINMENT ©2005-2018 naito-shokuhin.com / All rights reserved

「セガのたい焼き『大粒納豆』 ©SEGA ENTERTAINMENT ©2005-2018 naito-shokuhin.com / All rights reserved

  •  

 池袋の「セガのたい焼き」(豊島区東池袋1)で現在、新商品「セガのたい焼き『大粒納豆』」を数量限定販売している。

使用する納豆「おらが街」

 2017年7月10日の「納豆の日」に、セガ公式ツイッターアカウントが投稿した「納豆」に関するツイートに、北海道室蘭市の納豆メーカー「内藤食品工業」のアカウントがリプライを送ったことから納豆を通じたつながりができ、遊びの合間でも片手で食べられる本格派納豆フードとして今回「大粒納豆」を開発したという。

[広告]

 内藤食品の納豆「おらが街」1パック分を餡(あん)に使った同商品は、大豆本来の甘さと、やわらかくふっくらとした食感を楽しんでもらおうと、調味タレを使わず作る。ほのかな甘みと納豆本来の味を楽しんだ後には、購入時に付ける「だししょうゆ」を使うことで、深みのある味への変化が楽しめるという。

 7月7日~10日は「セガのたい焼き」購入客に、「納豆たい焼きうちわ」を先着で進呈する。

 価格は250円。平日50食、土曜・日曜100食限定で7月13日まで販売する。