食べる

西武池袋でグルメ催事「味の逸品会」 いなりずしイベントも

「肉のいとう/仙台牛ザブトン・ミスジ弁当」(左上)、「果実園リーベル/サンド」(右上)、「スペイン食堂石井/魚介と豚肉のミックスパエリア」(左下)、「前田珈琲/ナポリタン&ホットドッグハーフセット」(右下)

「肉のいとう/仙台牛ザブトン・ミスジ弁当」(左上)、「果実園リーベル/サンド」(右上)、「スペイン食堂石井/魚介と豚肉のミックスパエリア」(左下)、「前田珈琲/ナポリタン&ホットドッグハーフセット」(右下)

  •  

 全国の行列店を集めるグルメイベント「味の逸品会」が現在、西武池袋本店(豊島区南池袋1)7階催事場で開催されている。

販売するいなりずし

 パエリアを販売する旗の台「スペイン食堂石井」や、フルーツサンドを用意する目黒「果実園リーベル」など64店が登場。イートインコーナーや、「口福を呼ぶいなり寿司博」コーナーも展開する。

[広告]

 イートインコーナーでは、千葉「中華蕎麦 とみ田」の「濃厚つけめん」(881円)や、京都「前田珈琲」の「ナポリタン&ホットドッグハーフセット(コーヒー付き)」(1,458円)など提供。

 弁当は、青森「北彩屋」の「海峡サーモン漬弁当」(1,350円)や、宮城「肉のいとう」の「仙台牛ザブトン・ミスジ弁当」(2,160円、各日限定50個)など販売する。

 スイーツは、埼玉「芋屋TATA」の「安納芋のようかんソフト」(591円)、大阪「LeBRESSO」の「レブレッソブレッド」(651円、各日限定200本)などを用意する。

 「口福を呼ぶいなり寿司博」コーナーは、日本いなり寿司協会、いなり王子(坂梨カズさん)がプロデュースする「いなりずし」単品にフォーカスしたコーナー。

 大和煮を三角いなりに詰めた「江戸三・大和屋」の浪花いなりや、1869(明治2)年創業の「壺屋」の俵型いなりなどの正統派いなりや、キャンディ型に包装したいなりの「&LOCALS」や、ブリトー&タコス専門店「フリホーレス」のいなりずし、焼き上げたお揚げを使ったいなりを販売する「白金や」、六本木の「呼きつね」など用意する。

 開催時間は10時~21時(日曜は20時まで、最終日は16時閉場)。今月14日まで。