食べる

池袋にコリアンデザートカフェ「ソルビンカフェ×神仙」 ラーメン店とコラボ

「ラーメン屋さんが作るラッポッキ」(左上)、「チョコレートソルビンゴ」(右上)、「マンゴータピオカソルビンゴ」(左下)、「マンゴータピオカソルビンゴ」(右下)

「ラーメン屋さんが作るラッポッキ」(左上)、「チョコレートソルビンゴ」(右上)、「マンゴータピオカソルビンゴ」(左下)、「マンゴータピオカソルビンゴ」(右下)

  •  
  •  

 「Sulbing Cafe × 神仙(ソルビンカフェ シンセン)」が、キュープラザ池袋(豊島区東池袋1)2階にオープンして1カ月が過ぎた。

販売メニュー

 韓国のコリアンデザートカフェ「SULBING(ソルビン)」が石川県金沢発の「金澤濃厚中華そば神仙」とコラボする新業態店。

[広告]

 「SULBING(ソルビン)」は、日本の和菓子をヒントに韓国の伝統菓子を現代風にアレンジしたスイーツを提供しているコリアンデザートカフェ。

 日本では5店を展開しており、同店では定番メニューのほかに、ランチやディナーとしても利用できるフードメニューや、テークアウトメニューなど販売する。

 池袋限定オリジナルメニューは、テークアウト兼用ソルビン「抹茶ソルビンゴ」「マンゴータピオカソルビンゴ」や、「ラーメン屋さんが作るラッポッキ」、数量・期間限定の「ローストビーフ冷やしまぜそば」「チーズのまろやか担々麺」。

 「ラーメン屋さんが作るラッポッキ」(1,100円)は、トッポキにラーメンの麺を入れる料理「ラッポッキ」を、「ラーメン屋が作るとこうなる」というコンセプトでメニュー化。豚骨スープをベースに、コチュジャン、自家製の麻辣醤(マーラージャン)を合わせたスープ、トッポキ、溶かしたチーズ、キャベツ、角切りチャーシュー、トマトソースを入れ、麺はもっちりとした中太麺を使う。

 かき氷のメニューは、ふわふわのミルクかき氷の上に、きな粉、きな粉餅、ローストアーモンドをトッピングした「きな粉餅ソルビン」(850円)、「抹茶ソルビン」(1,100円)、「チョコレートソルビンゴ」「マンゴータピオカソルビンゴ」(以上1,000円)。ラーメンのメニューは、「味玉濃厚豚骨ラーメン」(970円)など。

 営業時間は11時~23時。

  • はてなブックマークに追加