3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

池袋・自由学園明日館で「コエドビールと暖炉を楽しむ夜」 生6種・限定4種提供

過去開催時の様子

過去開催時の様子

  •  
  •  

 夜間見学イベント「コエドビールと暖炉を楽しむ夜」が2月21日、西池袋にある自由学園明日館(豊島区西池袋2、TEL 03-3971-7535)で行われる。

コエドビール

 国の重要文化財に指定される同施設の暖炉を囲んで行う、年に1度の恒例企画。埼玉県川越を拠点としたコエドブルワリーのクラフトビール「COEDO」も楽しめる。

[広告]

 1921(大正10)年に女学校の校舎として建てられた同施設は、帝国ホテルを手掛けた建築家フランク・ロイド・ライトと弟子の遠藤新が設計。1997(平成9)年に国の重要文化財に指定され、現在は見学会や結婚式、コンサート、公開講座などに使われている。

 ビールは濃厚で滑らかな味が特徴という「伽羅(きゃら)」、爽やかな飲み口「瑠璃」、2種類のブラックモルトのほか6種類の麦芽を配合し長期熟成させた「漆黒」、無ろ過の小麦麦芽を使った「白」、麦芽とサツマイモを原料とする長期熟成プレミアムラガー「紅赤(べにあか)」、セッションIPAスタイルの「毬花」の定番たる生6種と、「一陽来復」「チョコレートヴァイツェン」「澄虎」「LOOP」の限定4種を提供。

 料理はケータリングユニット「CUEL(キュール)」がこの日のビールのために考えたおつまみ各種(500円)を販売する。ラインアップは、「骨付きハムのマスタード添え」「ミートボールトマトシチュー」「ソーセージ盛り合わせ」「台湾ネギ餅」「ルーロー飯」「ル―ロー麺」「チーズとナッツ」「ピクルスの盛り合わせ」「ラクレットチーズベーコンエッグポテト」「スコッチエッグ」「ベルギーワッフル」。

 開催時間は17時30分~21時。入館料は400円。