見る・遊ぶ

西武池袋で「山田洋次監督50周年記念展」-監督自ら監修

「山田洋次監督50周年記念展 半世紀を映画から振り返る」イメージ

「山田洋次監督50周年記念展 半世紀を映画から振り返る」イメージ

  • 0

  •  

 西武池袋本店(豊島区南池袋1)別館2階西武ギャラリーで1月6日より、「山田洋次監督50周年記念展 半世紀を映画から振り返る」が開催される。主催はNHKプロモーション。

 山田監督自らが監修する同展では、作品を通して監督生活50年を振り返る。会場では「男はつらいよ」全48作品を監督自ら編集した「寅さんあなたは誰なの?」の展覧会限定特別上映会や、4つのテーマの展示を行う。

[広告]

 「被災地に立つ~監督50年目」のコーナーでは陸前高田市のがれきに立った「大漁旗」と「幸福の黄色いハンカチ」に感銘を受けた監督が被災地に訪れた様子を写真で紹介。「幸福の黄色いハンカチ」のスチール写真や立体再現展示、ダイジェスト映像なども用意する。

 「撮影所が夢の工場であった時代~高度経済成長の光と影」コーナーでは映画「二階の他人」「下町の太陽」「家族」「同胞」「故郷」のメーキングスナップの展示や、「俳優 笠智衆 わたしと松竹大船撮影所」のダイジェスト上映などを行う。

 「劇場(コヤ)に笑いがあふれていた 『男はつらいよ』28年の歳月」コーナでは、渥美清をはじめとする日本の喜劇人の紹介をするほか、「男はつらいよ」全作品を写真で紹介する。

 「人間のあり方と家族の絆を見つめて~日本人の不安、孤独、無縁社会」コーナーでは山田監督作品の一つのメッセージである「家族の絆」をテーマに監督の全80作品をスチール写真で紹介、小津安二郎監督作品「東京物語」にオマージュをささげる最新作「東京家族」の紹介や「山田洋次監督作品より 食事のシーンダイジェスト」を上映する。

 初日には山田洋次監督の記念講演会「半世紀を映画から振り返る」を開く。参加無料(先着150人)。当日10時より、会場で整理券を配布する予定。

 入場料は、一般・大学生=400円、高校生以下無料。特別上映会は全席指定で300円。今月15日まで。