池袋に首都圏最大級シネコン-2017年開業、ビル5階相当の巨大スクリーンも

新シネマコンプレックスの外観イメージ

新シネマコンプレックスの外観イメージ

  •  
  •  

 東池袋1丁目に2017年、首都圏最大級のシネマコンプレックスが開業する。事業主は全国で13カ所あるシネマコンプレックス「シネマサンシャイン」を展開する佐々木興業(豊島区)。

「機動戦士ガンダム」RX-78-2ガンダムの全高と同じサイズの巨大スクリーン

 豊島区が進行している「豊島区国際アート・カルチャー都市構想」の戦略エリアである東池袋にオープンする同施設。敷地面積約1837平方メートル、地上15階建て、12スクリーン約2,600席で、地下1階~3階には飲食店や物販店などを誘致予定。

[広告]

 高さ18メートル、幅26メートルでビル5階分相当の日本国内最大級の巨大スクリーン「次世代IMAX」や、体感型シアターシステム「4DX」、最新鋭のシネマ音響システム「DolbyAtmos」、スピーカーシステム「ヴィヴ・オーディオ」など、2017年完成時点において最新・最高の映像・音響システムを導入する予定だという。

 サンシャイン60通り沿いで営業する既存施設「シネマサンシャイン池袋」の6スクリーン1357席と合わせて18スクリーン・約4000席になり、「これだけの規模のスクリーン数を同一企業で運営することにより、上映コンテンツの幅を広げ、より多くの作品をこの池袋で鑑賞することが可能になる」と同社の佐々木伸一社長。池袋全体の映画館の総客席では、同施設完成により1.7倍になるという。

 アニメイトグループやニコニコ本社と連携した池袋全体を巻き込んだアニメイベント計画、プレミア上映会場誘致計画、佐々木興業が実行委員として参加している映画祭「池袋シネマチ祭」と東京国際映画祭の連携計画の検討を併せたサンシャイン通りレッドカーペット計画など、豊島区や地元商店街協力の下、計画していく。

 「池袋の年間映画動員数は現在約180万人だが、新シネコンの開業により330万人と8割伸ばすことを目指す。池袋における新たな映像文化発信を目指し、新シネコンを中心とした街のにぎわいが生まれれば」と佐々木社長。

 「池袋にお越しいただければ最新の映像インフラを全て感じていただけることを宣言する。完成の暁にはそのインフラにふさわしいサービスとバラエティーに富む映像を提供することで日本一の映画館を目指し、最大限の努力をしていく」とも。

  • はてなブックマークに追加