見る・遊ぶ

池袋で「創刊40周年記念ムー展」 ミステリーアイテムなど展示、限定ムーグッズも

池袋パルコ

池袋パルコ

  •  

 池袋パルコ 本館7階「PARCO MUSEUM」(豊島区東池袋1)で10月12日、「創刊40周年記念ムー展」が開催される。

 1979(昭和54)年に創刊し、2019年に創刊40周年を迎えるミステリー情報誌「ムー」初となる大型展覧会。イベントでは、創刊号から現在までを誌面で振り返るとともに、「めったに実物を見ることができない」というミステリーアイテムや歴代の関係者からのメッセージなど展示。「ムー」が追いかけてきた超常現象の世界、雑誌としての「ムー」の歴史、「ムー」読者、関係者との関わりを体験できる内容を展開する。

[広告]

 物販コーナーでは、ムー40周年ロゴを使った会場限定グッズなど多数販売。連動企画として、池袋パルコ本館6階「カフェ・アドレス」で「ムー」コラボメニューを提供する。

 5代目ムー編集長の三上丈晴さんは「『ムー展』では、記念すべき創刊号や、時代を彩った特集記事で誌面の変遷を振り返っていただくとともに、『ムー』が追いかけた謎にまつわる『物的証拠』もご覧いただける。かの世界的超能力者が曲げたスプーン、北米の大型獣人の痕跡、インドの聖人の神聖物などを通じて、『ムー』の世界をご堪能ください」とコメントしている。

 開催時間は10時~21時(最終日は18時閉場)。入場料は、一般=700円、学生=600円、小学生以下無料。10月29日まで。