食べる

池袋「宮城ふるさとプラザ」で仙台牛と宮城の新米イベント 試食・食べ比べなど

「宮城ふるさとプラザ」

「宮城ふるさとプラザ」

  •  

 仙台牛と宮城の新米をテーマにしたイベント「宮城のうまい 旬感祭(しゅんかんさい)【秋】」が11月2日~4日、東池袋の宮城県アンテナショップ「宮城ふるさとプラザ」(豊島区東池袋1、TEL 03-5956-3511)で開催される。

 新米の季節となる11月、今年本格デビューとなる「だて正夢」を含め、「金のいぶき」「ササニシキ」「ひとめぼれ」の4種の宮城米が登場し、試食・食べ比べを実施。各日11時からは、宮城の米と肉を販売する「みやぎ・うまい旬感 産直市場(特産品販売)」を行う。

[広告]

 各日12時、12時30分、15時、15時30分からは、料理作家・早坂朋子さんが宮城のおすすめ食材を使った「旬感レシピ」を披露する「みやぎ・旬感レシピ 調理実演&試食会」を開催。「簡単!だけど豪華に」がテーマで、各回20人限定。

 11月2日・3日の17時、17時30分からは、宮城の食材に合う日本酒講座「みやぎ・旬感酒講座 宮城合う酒・うまい酒」を実施。講師は、清酒に関する研究開発と製造現場の技術的支援などに従事する宮城県産業技術総合センターの橋本建哉さん。各回10人限定。

 営業時間は11時~20時。イベントは参加無料で、当日配布の整理券が必要。