買う

サンシャイン水族館にコツメカワウソの赤ちゃん 開館以降初、名前投票イベントも

生後44日目

生後44日目

  •  
  •  

 池袋のサンシャイン水族館(豊島区東池袋3)は現在、「コツメカワウソの赤ちゃん 名前投票キャンペーン」を開催している。

生後22日目

 同館では10月30日、コツメカワウソのマハロとラジャの初めての赤ちゃんが誕生。マハロとラジャは日本各地の動物園・水族館のカワウソから人気個体ランキングを決定する「第二回カワウソゥ選挙」で10位に入賞した。

[広告]

 同館生まれのコツメカワウソによる出産は、1978(昭和53)年の開館以降初めて。同館のオフィシャルユーチューブチャンネルで子育ての様子を配信しており、子煩悩で赤ちゃんの世話にかかりきりなマハロと、それを及び腰に見守るラジャの下で、すくすくと順調に育っている赤ちゃんの様子が見られるという。

 子育ては、屋外エリア マリンガーデン「カワウソたちの水辺」水槽のバックヤードで行っており、赤ちゃんの一般公開開始は1月中旬を予定。赤ちゃんの性別は雌で、顔は母親のマハロ似。甘えん坊で、親がいないとすぐ鳴くのが特徴だという。

 名前投票キャンペーンは12月26日から1月14日まで、生き物特化型SNS「いきものAZ」と、同館出口付近の投票箱で実施。飼育スタッフが考えた5つの名前候補の中から投票でき、得票数で名前を決定する。名前の候補は「ミライ」「もみじ」「ハンナ」「リノ」「マカナ」で、結果は1月24日に発表予定。

 投票者の中から抽選で20人にカワウソグッズを進呈。1月26日・27日には各日先着500人に、赤ちゃんの名前と写真入りのオリジナルポストカードを進呈する。1月14日からはショップ「アクアポケット」で、オリジナルカワウソ赤ちゃんアクリルキーホルダーを販売する。

 営業時間は10時~18時。入場料は、大人(高校生以上)=2,200円、子ども(小・中学生)=1,200円ほか。

  • はてなブックマークに追加