見る・遊ぶ

池袋で空箱職人「はるきる」展覧会「お菓子の箱でつくる夢の世界展」 30作品超展示

プリングルズの紳士

プリングルズの紳士

  •  
  •  

 菓子の空箱からアート作品を製作している空箱職人「はるきる」の展覧会「お菓子の箱でつくる夢の世界展」が現在、池袋パルコ本館(豊島区南池袋1)7階「パルコミュージアム」で開催されている。

「オレオで作る戦闘機」

 ツイッターフォロワー数は30万人を超え、菓子メーカーからの製作依頼が来るなど話題となっているという空箱職人「はるきる」。神戸芸術工科大学アート・クラフト学科に在籍し、2017年に「明治ザ・チョコレート」の箱でロボットを作ったのをきっかけに空箱工作を始め、今年7月には自身初の書籍「お菓子の箱だけで作る空箱工作」(ワニブックス社)を発刊した。

[広告]

 イベントでは、展覧会初展示作品や、これまで製作した作品の中から30点以上を展示。11月1日~4日・9日~11日の13時~18時には、書籍や2,000円以上グッズを購入した客を対象としたサイン会を実施予定。

 11月3日には、「ワクワクさん」として知られる久保田雅人さんとのトーク&工作ショーも予定。サイン会とトーク&工作ショーも予定。同日、展覧会記念グッズを2,000円以上購入した客に先着順で優先整理券を配布する。

 開催時間は10時~21時。入場料は一般=800円、小・中学生=500円。11月11日まで。

  • はてなブックマークに追加