3密を避けて新しい生活様式へ!

食べる

NY発朝食レストラン「egg東京」がハレザ池袋に移転 ディナーメニューも開発

「エッグロスコ」

「エッグロスコ」

  •  
  •  

 ニューヨーク・ブルックリンのオールデイブレックファースト業態レストラン「egg(エッグ)東京」(TEL 03-5957-7115)が7月1日、ハレザ池袋(豊島区東池袋1)に移転オープンする。

ディナーメニュー

 ブルックリンに本店を構え、ミシュランガイドにも載るオールデイブレックファースト店。2017(平成29)年に、海外初出店となる「egg 東京」を池袋にオープンした。

[広告]

 アメリカ南部スタイルの伝統的な朝食メニューを終日提供。移転後は、朝食・ブランチのほか、eggとして初の試みとなるディナーを提供する。

 ディナーメニューは、egg本店と東京のシェフたちがメニューを開発。前菜、肉料理、野菜や果実の香りを楽しめる「ボタニカル・カクテル&モクテル」などを用意する。

 内装は、「古き良き時代のニューヨークを感じられるオーセンティック空間」を演出。シェフが料理を作っている様子を眺められるオープンキッチンも設置した。

 ブレックファーストのメニューは、半熟の卵を自家製のブリオッシュパンで包みホワイトチェダーチーズをかけ焼き上げる看板メニュー「エッグロスコ」(1,580円)、「ブリオッシュフレンチトースト」、「オーガニック小麦のパンケーキ」(1,000円)、「ホワイトチェダーチーズオムレツ」(1,190円)、「エッグバーガー」(1,300円)など。

 ランチメニューは、「クリスピーフライドチキン&自家製バターミルクビスケット」(1,390円)、「スパイシーチョリソー&チーズエッグバーガー」「ビーフハンバーガー」(以上1,500円)。

 営業時間は10時~22時。