暮らす・働く

オンラインマルシェ「イケブクロ リビング ループ オンライン」第2回 トークセッションも

「IKEBUKURO LIVING LOOP」過去開催時の様子

「IKEBUKURO LIVING LOOP」過去開催時の様子

  • 14

  •  

 オンラインマルシェ「IKEBUKURO LIVING LOOP online(イケブクロ リビング ループ オンライン)」第2回が6月27日、開催される。

過去開催時の様子

 南池袋公園やグリーン大通りで毎月開催していたマルシェ「nest marche」、1年に一度開催する「IKEBUKURO LIVING LOOP(イケブクロ リビング ループ)」の出展者や関係者がオンラインでつながり続け、定期的に一堂に介して地域経済を動かしていこうという試み。

[広告]

 「偶然の出会いを楽しむマルシェの楽しさを感じてほしい」とオンラインマルシェサイトを立ち上げ、5月30日に第1回が開催された。

 イベントでは、ユーチューブライブ配信による出店者などのトークセッションをはじめ、出店者それぞれがSNSでライブ配信、限定商品の販売、普段は会場で音楽を奏でるアーティストの音楽配信などを予定。

 出展するのは、椎名町の宿とシェアキッチン「シーナと一平」、料理や雑貨のアトリエ「シェアアトリエつなぐば」、けん玉のツールやギアの専門メーカー「KENHOL.shop KENDAMA PLACE」、「Cafe 物語舎&ソラハナ」(スコーン) 、「菓子工房 osanji time.」(焼き菓子)、「ALLUMETTE」(アクセサリー)、DIYシューズブランドとハンドメード革文具のコラボ「LOPER Shoes with 革の文具と手製本[&B]」、「ショウガ専門 Land i Leben」(ショウガシロップなど)、「Sauce Mania」(ドレッシング・シロップ)、「TAYORI BAKE」(パン・焼き菓子)、飲食店「都電テーブル」など。

 体を内臓から整えていくというセルフチネイザンなどのセラピーワークショップや、毎月、南池袋公園の芝生でヨガイベントを開催していたヨガインストラクターMIYUKIさんによる、家族で楽しめるオンラインヨガイベントなども予定する。

 14時からはサンシャイン水族館がインスタライブを実施。配信では、水族館の裏側で飼育しているクラゲを眺めながら、飼育スタッフによるクラゲの生態についての解説を聞くことができる。

 トークセッションは、「TO GO IKEBUKURO」(13時30分~14時30分)、「AGRICULTURE TALK -東京野菜ネットワーク-」(14時分~15時)、「STREET TALK -都市を市民のリビングへ-」(15時~15時45分)、「としま会議×IKEBUKURO LIVING LOOP」(16時~16時30分)などを予定。

 「TO GO IKEBUKURO」は、テークアウト販売をしている池袋の飲食店を紹介するインスタグラムページ「TO GO IKEBUKURO」の発起人メンバーが、「おいしいご飯とすてきな店主を紹介する」ライブ配信。

 「AGRICULTURE TALK -東京野菜ネットワーク-」では、東京の生産者をつなげる活動をしている東京野菜ネットワークの堀将人さんが出演。池袋経済圏などの野菜を生活者に届けるほか、生産者同士をつなげる取り組みについて、思いや内容を話す。

 「STREET TALK -都市を市民のリビングへ-」では、「IKEBUKURO LIVING LOOP」を企画運営するnestのメンバーや、さまざまな公共空間活用に関わるゲストと一緒に、これからの公共空間・ストリートについてトークセッションを行う。

 第3回は7月25日に開催予定で、6月30日まで出店者を募集。企画を継続していくためのクラウドファンディングも展開している。

 開催時間は11時~17時。全体のタイムテーブルは、6日27日に近くなったら「IKEBUKURO LIVING LOOP online」に掲載する。