見る・遊ぶ

「池袋ハロウィンコスプレフェス」初オンライン開催 池袋での開催はコロナ禍で中止に

昨年開催時の様子

昨年開催時の様子

  • 32

  •  

 「池袋ハロウィンコスプレフェス ONLINEコスプレ大感謝祭 2020」が10月31日、「ニコニコ生放送」でオンライン開催される。

「池袋ハロウィンコスプレフェス2020」ポスター

 10月31日・11月1日に予定していたが中止となったコスプレイヤーのハロウィンイベント「池袋ハロウィンコスプレフェス2020」の代わりに行う。主催は、動画サービス「niconico」を運営するドワンゴと、アニメイトが参画する池袋ハロウィンコスプレフェス実行委員会。

[広告]

 「池袋ハロウィンコスプレフェス」は、2014(平成26)年にスタート。池袋東口エリアを舞台に、毎年2万人以上のコスプレイヤーが参加するイベントだが、今年は新型コロナウイルスの影響により、ステージイベントやパレードなど例年通りの規模での実施は困難と判断し、開催中止となった。

 初となるオンライン開催では、コスプレイヤーやゲストが多数出演し、「池袋ハロウィンコスプレフェス」や、コスプレに関する秘蔵話の披露や討論会など、さまざまな企画を実施する。

 「池袋ハロウィンコスプレフェス」内で開催を予定していた、コスプレイヤーの「来年の顔」を決めるコンテスト「COSPLAYER OF THE YEAR 2021」の最終審査は、ニコニコ生放送の配信で実施となる。

 名誉実行委員長の高野之夫豊島区長は「今年は残念ながら、例年どおりのイベント実施はかなわなかったが、オンライン開催など新たな魅力が生まれ、楽しさが継続されている。今年の取り組みが、池袋を舞台とした最高の『池袋ハロウィンコスプレフェス』につながると信じている。また来年、ご来場者の皆さまや関係者の皆さまとお会いできる日を楽しみにしている」とコメントしている。