暮らす・働く

西武鉄道池袋線でジップロックオリジナル傘のシェアリングサービス

ジップロックオリジナル傘

ジップロックオリジナル傘

  • 53

  •  

 西武鉄道池袋線(池袋~飯能駅)などで9月16日、ジップロックオリジナル傘のシェアリングサービスが始まった。

 傘のシェアリングサービス「アイカサ」を利用し運用。オリジナル傘は、旭化成ホームプロダクツ(千代田区)による持続可能な社会の実現に向けた「Ziploc RECYCLE PROGRAM」の一環で、ジップロックからリサイクルし作成した。

[広告]

 デザインは「BEAMS COUTURE」のデザイナー・水上路美さんが担当。急な雨で傘が必要になった時に、年齢・性別・TPOを問わず誰でも似合うデザインで、誰が見てもすぐにジップロックのバッグを思い起すようなデザインにしたという。

 「アイカサ」はレンタルスポットを設置してある場所であればどこでも傘を借用・返却できるサービス。2018(平成30)年12月からサービスを開始し、西武鉄道池袋線(池袋~飯能駅)には今年6月に設置した。

 利用料金は、ノーマルプランが24時間70円(1本)、使い放題プランが月額280円。「アイカサ」アプリから利用ができる。