見る・遊ぶ

池袋に真っ赤な電気バス「イケバス」 「池袋のシンボル」に

電気バス「IKEBUS(イケバス)」

電気バス「IKEBUS(イケバス)」

  •  
  •  

 池袋の電気バス「IKEBUS(イケバス)」が11月下旬、路線バスとして運行開始する。

イケバス車内

 11月1日に中池袋公園で出発式が行われ、同2日から貸切バスとして一足先に運行開始したイケバス。「池袋の新たなシンボル」として、池袋の主要スポットをつなぐ。

[広告]

 バスのデザインのほか、バス停や制服・チケットなど総合的プロデュースを、JR九州の観光列車「ななつ星」など数々の観光列車をデザインしてきた工業デザイナー・水戸岡鋭治さんが行った。

 コンセプトは「利用者にとって、使いやすく、分かりやすい、美しくて、楽しい、オンリーワンの移動空間」。

 バスのメインカラーは赤色で、全10台のうち1台だけは「幸せの黄色」をイメージした黄色のバスを用意した。

 車両は、低速電動ビークル「eCOM-10」がベースで排ガスゼロであるほか、車いすの人でも利用しやすいよう、車両後部に電動リフトを装備していることなどが特徴。

 街に点在するさまざまなスポットをシームレスにつなぐ移動装置としての役割を担い、行動範囲の拡張と回遊を促すことで、街にさらなる活気とコミュニケーションを生むことを目的にしている。

 メインターゲットは豊島区に来るインバウンド含めた来街者。車内のデジタルサイネージの天井では、豊島区の文化や季節に合わせたイベント情報などを映像で発信し、移動中にも街の情報を知ることができる。

 乗車定員は22人で、最高時速は19キロ。A・Bの2つのルートを用意し、曜日を問わず20分間隔で運行する。

 運賃は1回券(大人=200円、子ども・高齢者・障害者=100円)、3時間券(同=300円、同=100円)、1日券(同=500円、同=250円)、2日券(同=800円、同=400円)。貸切料金は3時間=5万円~。

  • はてなブックマークに追加