見る・遊ぶ

ナンジャタウンで写真展「ねこがかわいいだけ展」 「インタニャクティブねこじゃらし」も

「ねこ写真ラテアート」イメージ

「ねこ写真ラテアート」イメージ

  • 32

  •  

 写真展「ねこがかわいいだけ展inナンジャタウン ねこじゃらしで遊ぶ写真展」が11月13日から、テーマパーク「ナンジャタウン」(豊島区東池袋3)で開催される。

 「ねこがかわいいだけ展」は、公募した猫写真などを楽しめる展覧会で、2019年から2020年にかけて日本各地8カ所で開催し、約20万人が来場した。

[広告]

 猫写真家・沖昌之さんの猫写真展示や、猫グッズの販売も実施。テーマ別にパネルとデジタルフレームで展示する猫写真は10月19日まで公募している。

 猫がシンボルキャラクターのナンジャタウンで初開催するに当たり、テーマパークである特性を生かした新企画を用意。入場時に渡す「ねこじゃらし」で展示している猫写真を「こしょこしょ」すると猫の写真が切り替わる「インタニャクティブねこじゃらしシステム」や、展示している猫写真をラテアートにできる「ねこ写真ラテアート」を初導入する。

 開催時間は10時~20時。当日券(ナンジャタウン入場料込み)は、大人=1,600円(前売り=1,400円)、子ども=1,300円(同=1,100円)、3歳以下は無料。2021年1月17日まで。