見る・遊ぶ

サンシャイン水族館で夜限定「ヒーリングアクアリウム」-アロマ演出も

ライトダウンした水槽の様子

ライトダウンした水槽の様子

  •  
  •  

 サンシャイン水族館(豊島区東池袋3)のナイトタイムで現在、「ヒーリングアクアリウム」が開催されている。

 南の海の浅瀬をイメージした大水槽「サンシャインラグーン」をメーンに一部の水槽がライトダウンされ、青い夜の海をイメージした「ムーンナイトラグーン」に変わる。会場ではかんきつ系アロマ「アーバンスカイ」の香りの演出もあり、「癒やされるナイトアクアリム」となっている。通路の明るさは通常時と同じで薄暗い。

[広告]

 同水族館の屋上では頭上に設置されたドーナツ型の水槽「サンシャインアクアリング」で普段泳いでいるアシカに代わって、期間限定でペンギンが泳ぐ。

 広報担当者は「夜の『ヒーリングアクアリウム』になると雰囲気が変わり、静かな青い海でゆったり泳ぐ魚たちに癒やされる。『サンシャインアクアリング』では日中から夕方、夜へと空が移り変わる様子とともに楽しめる。『金魚絵師・深堀隆介×サンシャイン水族館 アートと生き物の金魚展』も今月25日まで常時行われており、昼と夜、両方の水族館の顔を見ていただけたら」と話す。

 開催時間は18時30分~21時、ペンギンの鑑賞は18時30分~19時30分。入館料は、大人(高校生以上)=1,800円、子ども(小中学生)=900円、幼児(4才以上)=600円、シニア(65才以上)=1,500円。9月1日まで。

  • はてなブックマークに追加