天気予報

16

11

みん経トピックス

池袋雑司が谷で「御会式」池袋で大学生がメニュー開発

路上発の自費出版本「うんこに咲く花」、ジュンク堂池袋本店で限定販売

  • 0
路上発の自費出版本「うんこに咲く花」、ジュンク堂池袋本店で限定販売

「うんこに咲く花2」表紙

写真を拡大 地図を拡大

 路上で活動する似顔絵画家「おっくん(尾崎寛典)」さんは、自費出版本「うんこに咲く花」と「うんこに咲く花2」をジュンク堂池袋本店(豊島区南池袋2)2階で期間限定販売している。通常は路上で販売。

 「うんこ」と書いたスケッチブックを持ち、路上で活動する「おっくん」さん。「うんこ」がきっかけで足を止めた通行人の似顔絵を書き、その似顔絵を持った人の写真を撮る。そうして集めた「笑顔」を自身の経験を基にした自伝とともに書籍化した。

 「うんこに咲く花」は保育士・中南米編、「うんこに咲く花2」は出版・アジア一周編。

 1984(昭和59)年生まれの「おっくん」さんは短大卒業後、保育士として務める傍ら路上で似顔絵を描き始める。教え子のアドバイスから客寄せの紙に書く一言を「うんこ」に。保育士を退職後、世界へ旅に出るが金銭が底をつき似顔絵活動を再開。無事帰国した後、助けてもらった人たちの笑顔をまとめた「うんこに咲く花」を発売。現在は出版レーベル「路上出版」の代表と作家・写真家・映像クリエーターを兼任し、新しい本を出すため毎日どこかの路上に座る。

 おっくんさんは「この本を通じて『アホらしいことに全力を。諦めなかったら奇跡は起こる』と実感してもらい、いろいろな人が色んな夢を追いかけて、もっとこの世界が面白くなれば」と呼びかける。

 価格は各1,500円。ジュンク堂での販売は年内いっぱいを予定。

グローバルフォトニュース