プレスリリース

「Nint for ECommerce」と「Nint for Research」がサービス統合、新たに「Nint Ecommerce(ニントイーコマース)」としてアップデート

リリース発行企業:株式会社Nint

情報提供:

株式会社Nint(本社:東京都新宿区、代表取締役:吉野(細川)順子 以下Nint)は、2019年10月15日より「Nint for ECommerce」及び「Nint for Research」の各サービスを統合し、名称を「Nint ECommerce(ニントイーコマース)」としてアップデートすることと致しました。


背景
Nintでは、2014年10月にEC店舗様・小売店舗様を対象とした「Nint for ECommerce」を、翌年10月には、主にメーカー企業様を対象とした「Nint for Research」のサービスをリリースして以来、900社を超える多くの企業様からご支持を得て参りました。
昨今のEC市場のトレンド変化によって、EC店舗様やメーカー企業様の課題の共通性が徐々に高まってきており、多様なニーズへより迅速に対応すべく開発・運営リソースを集中し、機能実装の充実を図り、更なる価値提供を行うことが必要不可欠だとの判断を行い、この度サービス統合を行うことと致しました。

サービス説明
サービス名:Nint Ecommerce(ニントイーコマース)
URL:https://ec.nint.jp
概要:大手ECモール(Amazon、楽天市場、Yahooショッピング)内における各種売上推計やモール内マーケティング施策が分析できるECデータ分析サービス

主な機能:


業種分析:カテゴリ別に市場を細かいセグメント(メーカー、価格帯、etc.)で調査
ショップ分析:競合他社のショップ売上状況・広告、サーチワード、ポイントなどの施策の分析
商品分析:商品単位での売上調査、トレンド調査、施策の分析

※Nintサービスにおける「売上」は弊社独自の統計技術により、算出された「統計データ」です。

Nintについて
Nintのデータは、大手ECモールの公開データを独自技術で集計し、商品カテゴリ別の流通額やメーカー別シェア、モールに出店されている企業様の商品毎の売れ筋や広告施策の動向も分析可能です。仕入れ商品の選定や、新商品企画の場において、市場のトレンドや購入の決め手となる価値軸をあらかじめ見出して頂く事で、確かな根拠で失敗の少ない仕入れや企画に繋なげる事が可能となります。対応ECモールは、日本ではAmazon、楽天市場、ヤフーショッピング、中国では天猫、タオバオ、京東、考拉となります。

<会社概要>
会社名: 株式会社Nint
設立: 2018年4月
代表者: 吉野(細川)順子
所在地: 東京都新宿区西新宿8-17-1住友不動産新宿グランドタワー34階
HP: https://www.nint.jp/

  • はてなブックマークに追加