南池袋公園がリニューアル 芝生など緑豊かに、カフェレストランも併設

豊島区立南池袋公園

豊島区立南池袋公園

  •  

 「豊島区立南池袋公園」(南池袋2)が4月2日、カフェレストランを併設しリニューアルオープンした。

公園内のレストラン「RACINES(ラシーヌ)」

 2009年から地下変電所設置工事および公園整備工事のため、6年半閉鎖していた同施設。公園中央の芝生は、季節に合わせて夏向きの品種と冬向きの品種を交互に育てるため、一年中いつでも緑が広がるという。

[広告]

 面積は約8万平方メートル。園内には区内駒込発祥のソメイヨシノや、山桜など約2500本の草木が植えられているのも特徴。

 併設のカフェレストランは、南池袋のビストロ「RACINES(ラシーヌ)」のオープンスタイル店舗。メニューはテークアウトでき、手軽なピクニックセットも販売。「生産者と消費者の食を介するつながりの場」を目指すという。

 桜の木の下には階段状のデッキを設け、小山から滑り降りる滑り台やシーソー、回転遊具なども設置。エリアWi-Fi「TOSHIMA Free Wi-Fi」も完備する。

 開園時間は8時~22時。