池袋のプラネタリウムで夏のリバイバル作品「スキマスイッチ 宇宙の奏」

昨年12月1日にリニューアルオープンした「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」

昨年12月1日にリニューアルオープンした「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」

  •  
  •  

 「コニカミノルタプラネタリウム“満天”in Sunshine City」(豊島区東池袋、3 TEL 03-3989-3546)で6月11日、夏のリバイバル上映「スキマスイッチ 宇宙の奏」がスタートする。

「雲シート」

 昨年12月1日に、最新光学設備とプレミアムシートを導入しリニューアルオープンした同館。プレミアムシートは、寝転んで星を見ることができる「芝シート」と、雲に乗って星を見上げることをイメージした「雲シート」を設置する。

[広告]

 オープンからの累計入場者数が400万人を突破したことを記念し、夏のリバイバル上映作品を決める一般投票を3月に実施、同作品が1位に輝いた。リニューアルオープンから上映を続けている「南極ヒーリング ~この地球(ほし)の果てで~」「サカナクション グッドナイト・プラネタリウム」に加わり3作品をラインアップする。

 スキマスイッチの音楽と星空をコラボレーションさせた作品となっており、エンディングでは「奏(かなで)」がドームいっぱいに流れるという。138億年の宇宙の歴史を1年に例えた内容で、ナレーションは声優の櫻井孝宏さんが担当する。

 営業時間は11時の回~20時の回。料金は、一般シート=大人1,200円・子ども(小中学生)600円・幼児(4歳~)500円・シニア(65歳~)1,000円、芝と雲のプレミアムシート=2,900円(2人まで利用可能)、ヒーリングプラネタリウムは一般シート=一律1,500円、プレミアムシート=3,500円(同)。上映は9月4日まで。

  • はてなブックマークに追加