目白にパティスリー&ショコラバー「デリーモ」 チョコのスイーツやドリンク提供

「パルフェ トワ ショコラ」

「パルフェ トワ ショコラ」

  •  
  •  

 目白に11月17日、「パティスリー&ショコラバー デリーモ」(豊島区目白2)がオープンした。

カウンターからは、チョコレートソースやドリンクを作る様子が見られるという

 「ショコラティエの創るパティスリー」をコンセプトに、世界各国のショコラ素材を使ったスイーツや、季節の素材を生かしたオリジナルメニューを提供する同店。

[広告]

 東京や神戸の高級チョコレート専門店で研さんを積み、その後「デルレイ」のベルギー本店で研修後、日本の「デルレイ」カフェのシェフに就任した経歴を持つ江口和明さんがシェフパティシエを務める。

 「パティスリー&カフェ」業態の赤坂店に続き2店舗目。目白店では、チョコレートをふんだんに使ったスイーツやドリンクをバーカウンターで楽しむ「ちょっと大人なショコラバー」にしたという。

 カウンターは8席を用意。目の前でチョコレートソースやドリンクを作るほか、スタッフと話ができる距離にあるのも同店の特徴。内装はグレーの濃淡で色分けし大人のイメージを演出。「よくあるお菓子屋とは違う、ワンランク上の落ち着いた色合いでおしゃれにチョコレートを楽しめる空間にした。赤坂はカフェなのでやんちゃな妹、目白は大人なお姉さんが裏テーマ」と担当者。

 メニューの、「ショコラショー(ホットショコラ)」(1,000円)と、3種のチョコレートを使ったチョコレートパルフェで、「パルフェ トワ ショコラ」(950円)は、「デリーモ特製 フリカケ」が付く。「フリカケ」は好みで味に変化を付けられるように開発したパウダートッピングで、シナモンやバニラ、カカオパウダーなどを江口さんが独自にブレンドしたもの。

 数種類のショコラをブレンドしたアイスショコラドリンクを「香りを際立たせるよう」ワイングラスで提供し、好みでブランデーを加えて味の変化を付けることもできる「アイスショコラ」や、3種のチョコレートマカロンで、カカオの持つ個性(苦味・風味・酸味・甘み・コク・香り)を食べ比べできる「ショコラ デギュスタシオン」(以上1,000円)なども販売。

 今後のメニュー展開については、「ショーケースのケーキは赤坂同様、毎月新作を入れる予定。毎月なのでハイペースかと思われるが、季節の変化とともに日本は食材が出てくるのでできる限りその時しか食べられない商品をそろえる。カフェのメニューも目白はドリンクを中心に登場する。今のメニューができたばかりなのでバレンタインくらいには新しいものを随時入れていく予定」と話す。

 担当者は「チョコレートのさまざまな楽しみ方や味わいを体感できるショコラバー。こだわりあるチョコレートをはじめとする材料のみで作るデリーモのスイーツをぜひ食べに来てください」と来店を呼び掛ける。

 営業時間は11時~20時。

  • はてなブックマークに追加