西武池袋で北海道物産展 「とろける」キーワードに展開

イートインコーナーに登場する「うに むらかみ」の「むらかみの生うに丼」

イートインコーナーに登場する「うに むらかみ」の「むらかみの生うに丼」

  •  
  •  

 西武池袋本店(豊島区南池袋1)で3月28日から、「春の北海道うまいもの会」が開催される。

「銀龍いちごのオトナシメパフェ」

 春ならではの北海道グルメを集めるほか、「とろける」をキーワードに新メニューを企画。前半(3月28日~4月3日)、後半(4月4日~10日)を通して約80ブランドが出店する

[広告]

 通期のイートインコーナーで販売するのは、黒松内町「アンジュ・ド・フロマージュ」の「モッツァレラとバターの春待ちトースト」(540円)、「ピッツァ芦別」の「横市チーズたっぷり春の雪どけピッツァ」(直径約20センチ=1,381円)、札幌「金獅子のヤキニク」の「道産バターとチーズのローストビーフ丼」「道産牛の雲丹(うに)のせ肉寿司」(以上、1,512円)など。

 前半のイートインでは、函館「うに むらかみ」の「むらかみの生うに丼」(4.320円)、「海鮮丼」(2,808円)、江別「本家 麺蔵」の「味比べ味噌ラーメン」(各日限定100セット、1,188円)などを提供する。

 後半には函館「レストラン箕輪」の「道産牛ヒレ肉と蝦夷あわび・生うにのプレート」(各日限定30セット、3,240円)、函館「元祖 ひらき家」の「函館塩ラーメン」(756円)を提供する。

 今回のイベントでは、道産小麦や地元産の牛乳など北海道ならではの素材にこだわった道産パンをクローズアップするほか、パンのおともとしてバターやチーズの商品もそろえる。販売するのは、函館「パン エスポワール」の「ライ麦50%セーグル」(1,080円)、「道産小麦のバゲット」(216円)、「じゃがいもベーコン」(303円)など。

 酒や食事の後の締めに食べる「シメパフェ」特集では、前半会期に札幌時計台横「山猫バル」の、「銀龍いちごのオトナシメパフェプレート」(各日限定100セット、1,381円)を、後半会期には札幌「MIRAIST cafe&kitchen」の「銀龍いちごの標茶産ミルクソフトパフェ バジルクリーム添え」(1,201円)を販売する。

 開催時間は10時~21時(日曜・祝日は20時まで、最終日は16時30分閉場)。4月10日まで。

  • はてなブックマークに追加