食べる

池袋に「最強のバターコーヒー」 グルテンフリー&ローカーボメニューも

「最強のバターコーヒー(ホット)」

「最強のバターコーヒー(ホット)」

  •  

 池袋に4月29日、「最強のバターコーヒー」(豊島区東池袋1、TEL 03-5954-3194)がプレオープンした。

「最強のギーコーヒー」

 代々木店に続いてのオープンで、経営は「最強の株式会社」(豊島区)。バター、オイル、コーヒー、紅茶の各素材、味・品質・栄養素など、あらゆる方向から同店が「最強」と思うものを選び提供。店には管理栄養士が在籍する。

[広告]

 「バターコーヒー」は、バターとMCTオイルとコーヒーで作り、クリーミーでカプチーノのような味わいが特徴だという。

 同社の坂上徹社長が過去に生活習慣の乱れにより体重が100キロを超え、睡眠障害の症状も出始めていた時に、「バターコーヒー」を飲み続けたことで、自身のパフォーマンスが向上しダイエットにも成功したことから、「多くの人にこの体験を広めたい」「もっと手軽にバターコーヒーを提供したい」とオープンに至ったという。

 メニューは、「最強のバターコーヒー」「最強のバター紅茶」「最強のバタールイボスティー」(以上650円)、「最強のバターコーヒー(カフェインレス)」(700円)など。

 北海道産有機JAS認証の発酵バターを使ったプレミアムメニューや、英TIME誌が「世界でもっとも健康にいい食品50」にも選定した脂質「ギー」を使ったメニューも用意。

 ケーキや無農薬野菜のサラダなどのメニューも用意するほか、グランドオープンの5月14日からは、グルテンフリー&ローカーボメニューも提供する。

 営業時間は8時30分~20時(プレオープン時は12時~17時)。